So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年9月ドイツフランス周遊10 ストラスブール(1) [2013年9月ドイツ・フランス]

あけましておめでとうございます。あぁまた年を越してしまった。
完結までいけるのか?イタリアのように漬け物になってしまうのか…
ちょっと長めに頑張ろう・・・

ハイデルベルクを後にして,バスはいよいよフランス入国。
ストラスブールへ。
私はこの旅行まで特に意識したことのない町でしたが,この街はドイツとフランスの国境周辺にある歴史深き街です。
高校の世界史で「アルザス・ロレーヌ地方」という言葉を耳にしている方もいらっしゃるかと思いますが,その地方に属する中心都市です。
私は世界史好きだったんですが,この「アルザス・ロレーヌ地方」については,「なんだっけ,このキーワード」っていうくらいに記憶がありません。
現在のフランスとドイツの国境周辺であり,戦争で何度も奪い合いになった領土でした。
現在はフランス共和国ですので,フランス語読みで「ストラスブール」
ドイツ領であった際は「シュトラースブルク」と呼ばれていたそうです。
奪い合いになるくらい魅力的な理由はなにか,非常に興味深いです。きっと奥深いことでしょう。
地図を見ていただくと『フランスのベニス』とも言われる所以が納得できる街の地形にもときめきを感じます。ビバ☆ベネツィア(*´∀`*)
ストラスブール 地図
ライン川の水運の発達,「水モノ」好きな私にはたまりませんわ。

予定ではホテルに入る前に観光になっていましたが,時間が押してホテルへ直行。
石畳の街は,バスがホテルの前には駐められず,スーツケースをひっぱってかなり歩くのが大変でした。
ストラズブールのホテルはこちら。MAISON ROUGE(メゾンルージュ)赤い建物???
http://www.expedia.co.jp/Strasbourg-Hotels-Maison-Rouge.h127230.Hotel-Information
部屋は最上階の・・・半屋根裏部屋でした。自分だけ。ほかのツアーメンバーはもっと階層が低くてエレベータも2台使用可能だったのに,私だけ超不安な半手動エレベータでしか行けないっていうね…。バスルームの窓から見える景色に,運がいいのか悪いのか…。
ストラスブール07.JPGストラスブール08.JPGストラスブール09.JPG

バスタブありました。でも窓にへばりつきなのですが,シャワーカーテンしかなく,外から超スケスケに見えると思うんですけど…階層が高いからいいのか?いや,見えるだろ!
荷物を部屋に置いてすぐ,ストラスブールの観光にでかけます(ツアー)
これも相当駆け足でストラスブールのノートルダム大聖堂へ連れて行かれてあとフリータイム40分くらい。

ノートルダム大聖堂
旅行に出る前に,こころに浮かぶ疑問。
あれ,聞いたことあるよね?てかあたしいったことあるよね?
ノートルダムの鐘とかいうディズニーアニメも見たよね?
と思ったんだけど…いや,私ここ(ストラスブール)初めてだから来たことないはずだし…
つか旅程表にはノートルダム大聖堂がふたつも観光予定に入ってるよ?
ランスにもあるわけ?
えぇ,そうです。
ノートルダム大聖堂は複数あったのです!!!!

私が行ったことがあったのはパリのノートルダム大聖堂。
ってことで,この旅で私はメジャーノートルダム大聖堂を制覇!

したのかな???
イタリアで教会を巡ったときも「サンタマリア」ばっかりでしたが,「ノートルダム」も同じくフランス語で聖母マリアを示す様子。ははぁなるほどね!と中途半端に納得しました。

で。
ノートルダム=ド=ストラスブール大聖堂(フランス語: Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg)

この大聖堂の特徴は,みて分かるね。
片耳がないうさぎさんです。わかりやすい。全体的に赤茶けている色味。
ファサードがすっごくゴテゴテしていて細かい。すごく圧倒されます。
ストラスブール01.JPGストラスブール02.JPG

中に入ってもすごいいいです。
ストラスブール03.JPGストラスブール04.JPG
当日ミサでなはいなにかイベントみたいなことが実施されていたのですが,そもそも時間もなかったしよくは見られなかったんだけど…期待以上のナニカがあって「うゎああああ!素敵!」とテンションが上がりました。ステンドグラスでしょうか。

しかし時間がないのでのんびりもできず,若干離れたモノプリへダッシュしてお土産お菓子の買い物。
ストラスブール05.JPG
でも欲しいモノを探すのに時間がかかってしまい,本当にちみっとしか買えなかった,本当に残念なのです。ツアーの悲しさを覚えます。


そうしてフリータイムはあっという間に終わり,夕食のレストランへ…。
ツアーに組み込まれている食事はこれが最後(ホテルの朝食は除く)です。

続く

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。