So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年9月ドイツフランス周遊13 パリへ [2013年9月ドイツ・フランス]


そうとう時間が経ちました。記憶がもう定かではありません。
しかし,2011年のイタリア旅行記と同様に未完のままというか最後の地分を書かないっていうのも,ダメ子をさらすので,思い出してがんばります。
というか,この本文は長い間下書きに埋まっていました。のでアップするにあたって自分で読み返して,あああ,そうだったねそうだったねという感じなくらい忘れています…
旅日記は早めに書くべきですねぇ。(他人事風)

2013年9月26日 午後ランスからパリへ移動
高速のサービスエリア(?)はやっぱり似たような黄緑の跳ねたポーズの女子トイレ
フランス全土なんだろうか。

移動は順調でしたが,あと30分くらいでパリのインター(?)みたいなところという添乗員さんのアナウンスのあとすぐ,家族連れのお母さんが添乗員さんに話しかけていた。その家族がバスの前方の席に座っていたので気配だけ。
パリの観光とかつく時間とか聞いているのかな~と,気にも留めていませんでしたが,しばしのち,サービスエリアでもなくトイレのみがある休憩ポイントへ停車。
家族は夫婦と娘でしたが,母親と娘がトイレに走っていきました。(お父さんは残っていた)
具合がわるくなったのかと心配しましたが,添乗員さんのアナウンスでは,トイレのみだったみたい。
何を召し上がったんでしょうかね。。。。アルコール(シャンパーニュ)飲んだからかな?飲んだのかな?
トイレから出てきたときに,お母さんが大きな伸び(あくびだっけかな)をしていたのが,悠長だな,と微妙に感じました。娘は走って戻ってきたけど,お母さんはとろとろ歩いていて,バスに戻っても特に謝罪もなく,なんだか違和感がありました。ランスでは添乗員さんが何度もトイレについて話していた(アルコールを召し上がるとトイレが近くなるので必ずトイレに行ってください等)ので,観光時間を狭めてもトイレに行ってきたのに…。

この移動は風景を見るでもなく,高速をひた走るという感じなのと,バス移動で眠さに負けて寝ると,時差ぼけが苦しくなるので我慢していたので,心も狭くなります。

・・・
とここまで下書きに保存してありましたが,読み返すと,あぁ時差ぼけだったんだろうねお母さんって感じで優しい気持ちになりますね。私も1年で大人になりました。
さぁ,いよいよパリへ!!!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。