So-net無料ブログ作成

2013年9月ドイツフランス周遊18 パリ(5) [2013年9月ドイツ・フランス]


オルセー美術館の特別展がみられずがっかりしながらも,次の予定があるので歩き出します。
(このときズンズン歩いてしまい後で疲れて後悔します…)
オペラ座(オペラ・ガルニエ)に入館してシャガールの天井画を観る!
が次の目的です。
シャンゼリゼ通りでメゾン・デュ・ショコラに入って,上司へのお土産と自分土産を購入しました。
が,自分土産はホテルで食べるつもりだったので問題ないですが,上司へのお土産は帰りのシャルル・ド・ゴール空港で買えばよかったなーーと帰りに思いました。でもまぁ空港内で買い物できる時間なんてすっっごく変わりやすいので先に買っといた方が安心なんですけれども。チョコは溶けるし,手荷物にできません。チェックインした後の免税店で買うのがベスト!!!!なんだけども…

メゾン・デュ・ショコラ,美味しいですよね。でも日本にもあるけれども。
パリでももちろんいいお値段。一粒のチョコレートの価値ってすごいよねーとしみじみ。
ほかにもたくさんのショコラティエがお店を出しているんですが,どれが美味しいのかとかもうわかんないし,知っている高級チョコレートってイメージだけでメゾン・デュ・ショコラにしちゃいました(*^-^*)できればそこでしか入手できないレアもの行きたかったんですが

さてオペラ座の入場口はわかりにくいやや地味な場所です。
手持ちのユーロが少ないためw入場料をカード払いします。
って!!自販機がクレジットカード読み取ってくれないんですけど!!!!
4回くらいやってやっと買えました。なんかそういうのって不安ですよね~4回チケット代引き落とされたらどうしよう(>_<)と不安になりました。

それほど混んでおらず,チケットを購入さえすればスルリと入れました。
入った瞬間から貴族のにおいのする家具・調度品。
チケットもぎり(?)いやガードマンががたいのいいブラックな方だったんですが,フランス語で「サヴァ?」のあとほにゃらららと語っています。
(-_-)すいません,わかりません。
ハっって鼻で笑われた後,日本語と英語のガイドパンフのある棚を指さしてくれました。

オペラ座,すごかったー。
シンデレラとか舞踏会とかマリーアントワネットとかの世界が目の前に!
もう華やかすぎてすごーーい!
そりゃ白髪のカツラもかぶりたくなるよ!モーツァルト!ハイドーン!的な高揚感。
オペラ座ってもとは何なんだろう。って思ったんですが,オペラ座の本当のお名前(ガイド本)は,「オペラ・ガルニエ」みたいですので,ガルニエ宮だから,やっぱり宮殿なんですね。だよね,宮殿だよね,豪華すぎる。
まるで宝塚の舞台みたいな(宝塚がまねたんだろうけれども)階段の写真を撮っていたら,中国人女子に写真を頼まれたので,私もついでに頼んでみたw
paris11.jpgいえぃ
オペラ座の中で中国人カップルとか一人とかに4回も写真頼まれたよ。
カップルはいろいろポーズとか決めたりされて,アングル変えてズームしたりとか,何回も撮らされたわー。女性はきれいだったけどイケメンじゃないだけに腹が立つ。
そういえば京都の清水寺でも中国人からやたら撮影を頼まれたなぁ( ́・ω・ )あぁ脱線。

バレエの衣装が飾ってあったりしてオペラ座は結構楽しい。写真も撮れるところがほとんどなのでうれしい。
paris12.jpg

しかし!
目的であったシャガールの天井画はステージリハ中でみられませんでした…
そのかわりバレエの舞台のリハを少しのぞき見させてもらえましたが,それは撮影しちゃだめでした。
めっちゃ顔小さくてきゃしゃなプリマがソロでリハってました。
真っ暗な中にスポットライトで踊っているので,天井画はまったく観られませんでした。
ざーんねん。

さて,思った以上にオペラ座を楽しんでしまい,時間が押せ押せになってしまいました。午後1時半頃になったので,カフェ休憩からおなかも減ってきましたので,予定をやや変更してランチへいざ!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。